雑記

ニシーさんの堅実な占いと、名言・迷言

2021年10月の後半、ニシーさんに占っていただきました。

こういうこともあって、どうしても書きたかったのにもう12月。

ユリイカに書かれたニシーさんの「カードとカードの間からこぼれ落ちるもの」を読み、KIKIさんによる数秘を絡めたニシーさんのインタビューを聞き、1ヶ月以上経ってようやく書くことができました。

ユリイカ

命術

席に着くと、テーブルの上には、びっしりとメモが書かれたノート、資料が置かれました。
この時点で、相手と対面する今この瞬間だけでなく、すでに、もう、あなたと向き合ってきましたよ。といったものを感じました。

ニシーさんは、西洋占星術と四柱推命の両方の視点でみてくださります。

守秘義務的な事前説明の後「見ようと思えばなんでも見れるんです。なので何について聞きたいか教えてください」といって、本題の占いが始まります。

私の相談内容に対して、「ユリさんの四柱推命やホロスコープには、こういう特徴があって……」と、元々持っている性質について丁寧に説明をしてくださった後、相談内容に絡めて、補うと良い部分といったもの、そして自分の特性を生かす方向性などもわかりやすく教えてくださいました。

自分の特性を仕事に生かすことについては、

「ユリさんの場合、表に出ることもできるけど、どちらかというとプロデュースできるタイプだから、プレイヤーかつプロデューサーのギタリストみたいな立ち位置が合ってるかもしれない」

とのことでした。
クリエイター職で入社しても、その仕事の他、人事やマネジメントの仕事に就いているので、なるほど確かに〜と、おもしろくなりました。

風を起こすタロット

「ニシーさんがタロットに触れた時、風が起きた」という感じの、感想を拝見しました。
それを見てみたかったのです!

実際、「風とはこのことか……!」と感じた瞬間がありました。

そして、集中とはこういうことなのかなとも思いました。そしてその中にグルーヴが生まれるのかなぁ……。

ニシーさんに読んでいただいたタロット。説明を聞いて「私がそこにいるわ」と思いました。
よくわかりませんが、自分の一部がテーブルの上に置かれているような感覚がしたのです。

ただそれはフィーリングといいますか、印象ですが、内容についてはとてもわかりやすく説明してくださり、「おお、なるほど!本当にわたしにはそれが必要そう」と思えて、腑に落ちたのでした。

印象

向かい合ってお話しをしている間感じたことは

誠実、堅実、丁寧。

そして何より

あなたの「こうしたい」という思いに、本気で向き合っています。ということをとっても強く感じて、「一生懸命に私に向き合ってくださっている」という実感は安心感に変わるんだなぁ、と自分の内側の変化にも新鮮な気持ちで見ていました。

自分への宿題

私は宿題を受け取りました。

「自分の軸や土台となるもの、もしくはこれさえあれば大丈夫というもはありますか?」

私は、自分には軸がないと何年も感じていました。なのに、いまだに答えを出せていない。

だからその場でもう一度考えてみたけれど、答えられなくて、宿題にしたのです。

問いが一番のヒント

「問い」をいただいたら答えを出すのは自分なので、自分が考えて、思い悩んだ末に出した答えは「光っている」とさえ感じます。
以前から持っていた大切な自分のもの。それを再発見したときの衝撃は大きいです。

私が「自分の軸という問い」を常に持ち歩いてアンテナを張りはじめてからは、日々流れてくる音、言葉、情報、更に占っていただいた後のニシーさんのtwitterからもヒントを受け取りました。

その小さかったり、大きかったりする点が繋がって、急に「ハッ!」と姿が見えてきたんです。

数日うんうん唸った末見えたのは

とてもすごいものではなくて、常にそばにあって、不安の種でもあったもの。それが軸だなんて変じゃないか?でも私にとってはそう。という感じでした。
(自分の話になっちゃった)

twitter

占っていただく前にもニシーさんのtwitterからヒントという恩恵を受け取っていたので……実は「お礼がしたい」という気持ち8割で会いに行ったのですが、大量のお土産をいただいてしまいました。(そりゃそうです、プロですもの……)

ニシーさんの占いがいかに誠実、堅実、丁寧、本気であるかは伝わったらいいなと思うのですが、これだけの話を見てtwitterを見ると、異なる印象を受けるかもしれません。わたしも占っていただくまで、こんなにも堅実な方と思っていませんでした(◜◡◝ )すみません

ニシーさんの日々のtwitterは、音楽と占いと多様な言葉で溢れています。

星座を通して見たアーティストのこと、曲自体のこと。なるほど!と思うことが多く、新しい目線で音楽を聴く機会を得ました。
(ニシーさんの影響でBTSが好きになり(沼)、音楽を聴くアプリもApple musicからSpotifyに乗り換えました)

そして、名言や迷言も多くて……

その言葉が出てきたきっかけの説明はないけれど、だからこそ、何にでも対応できてしまうような、抽象度の高い言葉というか、何か本質をついてくるような言葉。そして「マジ応仁だわ」といった、今までなかった言葉だけど、なんかその様子想像できるわみたいな不思議な言葉もあって……。

とてもおもしろいし、深く刺さることもあります。

そして、カレーの写真が流れてきたり、思ってるのと違うハイヤーセルフが出てきたり、吉野家のロゴの入った窓ガラス越しのニシーさんのセルカがやけにオシャレだったり(すき家だったかな…)、高尾山トリックアート美術館で、一人で行ったのに高度に撮られた写真が現れたりします。

百聞は一見にしかず……!!

ニシーさんのtwitter

KIKIさんによるインタビューの中で

「誤解されることがよくある」
「占い以外のツイートしたらリムられる」

ということをおっしゃっていました。

その、具体的にどういう誤解かはお話されていませんでしたが、リムられるツイートに関しては先ほど書いた「マジ応仁だわ」というものや、「RT ビー○スから木刀が発売」というものなようです。

でも、ニシーさんの占いはとっても誠実、堅実、丁寧、本気……。

インタビューされていたKIKIさんも、「本当に真面目に真摯に占ってくれる方なんです〜」と何度も何度もおっしゃっていました。

こういう「遊び」と「真面目」というバランスが、ニシーさんの持つ数字によく表れていたようです。数秘もおもしろいですよね。わたしも好きです。

(KIKIさんは普段数秘のセッションなどはされていないとのことなので、またまた貴重なスペースを聞くことができて楽しかったです)

本質とは

本質についても話されていました
わたしはタロット占い(ヒーリングタロットと呼ばれる)をしますが、一般的な読み方とかなり異なるため、わたしの学んだ44枚を使用するスプレッド以外はまったくわからないんです。
とても誇らしく思えていたヒーリングタロットなのに、一般的な読み方とスプレッドで挑戦してみた瞬間、タロットの声が聞こえなくてなんだか自信をなくしていました。

そんな中、ニシーさんが「知識自慢じゃない。本質はどこなの?」と、音楽と占いについてお話しをされていて、これもまたわたしに必要とする言葉でした。

タロット、ごめんね。

グルーヴ

ニシーさんは、twitterでもユリイカでもグルーヴについて書かれています。

グルーヴとは説明しきれないもの、でも感じずにはいられないもの。
「グルーヴはつくろうとしたら生まれない」というような表現をされていたと思います。

誰かと話したい、会いたいという気持ちは、その人のグルーヴに触れたいという気持ちなんでしょうか。

自分のグルーヴをちゃんと感じられるようになりたい!
でもなんとなくわかる瞬間もある気がする!難!

魚座男性の声

ニシーさんの声はとても心地よいです。
私は魚座男性の声に惹かれることが多いです。深くて優しい音、そしてどこか掴みきれないような感じ。

そんな印象を受けるニシーさんの声ですが、私へ一生懸命伝えようとお話してくださっているときは、掴み所のある声になっていたような気がします。

おわりに

ここに書ききれないほどの言葉をたくさんいただきました。どれも大切に、自分の課題として一緒に歩いていこうと思っています。

そしてこのブログ、書き始めたのは一ヶ月前。それから何百回と書き直しました。
一番はじめに貼ったツイートですが

だからこそ、たったの数人しか読まないであろうわたしのブログであっても、「占いはハードルが高いものではない」「占ってきた!って軽く言えるもの」そしてなんと言っても「実用的!」と感じていただけるように書きたかったので、すごく考えました。でもたぶん明日になったらまた書き直したくなっていると思います。

でも、一旦は年越さなくてよかったと思います。

今日は新月でBTSのJINさんの誕生日、この日にニシーさんのことを書き終われてよかったです。よくわかならいけど、そんな気持ちです。

ニシーさんありがとうございました。

ニシーさんのSNS

ニシーさんlit.link


twitter 名言&迷言 ▶︎ https://twitter.com/nsikyg
Instagram 毎日ストーリーでタロットのメッセージをup / 音楽と映像がかわいい ▶︎ nsikng
note ▶︎ ニシー(#占う男)
Spotify potcasrt ▶︎ 241podcast